家族信託活用事例(自宅信託)

活用事例1(自宅信託)
     誰も住まなくなった自宅の管理処分

状況・悩み

相談者は東京に在住のA子さん。
お母様は地方に在住で夫(A子さんのお父さん)に先立たれ一人暮らしをしているが、最近物忘れも激しく少しではあるが認知症の表情が出始めていました。
A子さんには妹がいるが、仕事を持っているため、今後母親の面倒を見ていくのA子さんしかいない。このまま一人で生活をさせていくのは不安だと思っていた。最近になってA子さんの主人も、こちらに引き取って一緒に暮らしても良いと言ってくれている。
そうした場合、空家になった自宅の管理処分はどうしたら良いか?

今後、お母さんが認知症になったら、お母さん自身で自宅の管理も売却もできないと聞いている。

家族信託活用

お母様とA子さんとで、お母様を委託者(管理・処分を任せる人)兼受益者(信託した自宅を賃貸したり売却した場合に得られる賃料や売却代金等を受ける人)そしてA子さんを受託者(管理処分を任される人)として信託契約を締結した。

 ただ、信託する自宅が遠方のためA子さんだけですべての管理処分は無理なため、自宅の近くに住む親族(A子さんの妹さん)に協力を頼むことにした。そして家族信託契約書次のに次ような条項を入れた

(信託事務の委託)
第00条 受託者は,委託者の指図に基づき,または自らの責任において,信託事務の一部を第三者に委託することができる。

 また、委託者の母親が死亡したときはこの信託が終了して,残余の信託財産の自宅や金銭の帰属権利者(貰う人)は受益者であるお母さんの法定相続人であるA子さんと妹さんとして,具体的な財産の貰う人や貰う割合についてはA子さんと妹さんの話し合いで決めるとする条項も入れた。

効果

 このような家族信託契約により、娘さんのA子さんに自宅の管理・処分権限を与えることによって、現在も、またお母様が認知症になった後もA子さんの権限で近くのA子さんの妹さんの協力を得ながら不動産を賃貸したり売却することができるようになった。

 幸い、自宅を短期間でもよいから貸してくれないかという人が現れてたが、近い将来この自他を売却して母親の介護施設入所費用にあてるため、受託者のA子さんは借主と普通の賃貸契約ではなく定期借家契約を結んだ。これによりA子さんの権限で、賃貸契約や契約解除等の賃貸管理ができることになった。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-181-142

営業時間:月〜金 9:00〜18:00

(予約により時間外、土曜日も面談可能)

業務エリア

埼玉県】朝霞市・志木市・和光市・新座市・富士見市・川越市・ふじみ野市・
さいたま市・川口市・所沢市 ※その他 埼玉県全域

東京都】渋谷区・新宿区・世田谷区・目黒区・世田谷区・練馬区・板橋区・豊島区・杉並区・豊島区・文京区・中野区
※その他東京23区:清瀬市・三鷹市・調布市
※その他東京都下:栃木県、茨城県、群馬県、千葉県、神奈川県、静岡県

その他の地域はご相談下さい。

  代表司法書士

代表:認定司法書士 萩原博
 埼玉司法書士会会員
   第1624号』
 社)家族信託普及協会
   家族信託専門士 

お問合せ・ご相談

お問合せ・相談専用ダイヤル

0120-181-142

メール⇒こちら
営業時間:
月〜金 9:00〜18:00
(時間外、土曜日は要予約)

相談室
総合受付 
0120-181-142

詳細はこちら

事務所概要

 萩原司法書士事務所

048-451-5731

埼玉県和光市本町5番6号
柳瀬ビル2階
(和光市駅徒歩1分)
営業時間:
月〜金 9:00〜18:00
(予約により時間外、土曜日も面談可能)

事務所案内・代表者紹介