過払い金の返還請求や債務整理のことなら東京渋谷・埼玉和光の司法書士法人「萩原事務所」へご相談下さい。(アクセス:渋谷駅3分、和光市駅1分)

 過払い金     利息込満額回収が方針です
 債務整理    親身になって対応致します                  


 

司法書士法人 萩原 事務所
事務所
:  〒351‐0114 埼玉県和光市本町5-6 柳瀬ビル2階
渋谷出張相談室
〒150‐0002 東京都渋谷区渋谷3-6-2 エクラート渋谷ビル4階
 

<事 務 所>TEL:048‐451‐5731
FAX:048‐451‐5732


 

お問合せ・ご相談はお気軽に

0120-181-142

営業時間:月〜金 9:00〜18:00
(予約により時間外、土曜日も面談可能)

住宅ローンリースバックとは?

リースバックとは自宅を売却した後、子供の学区の問題や、老親の介護、自宅が店舗兼用等の理由でどうしても引越したくない場合、購入した第三者に家賃を支払い、今度は賃貸として住み続けることです。

退職金等まとまったお金が入る予定がある人は、「買戻特約」をしておけば買い戻すこともできます。

ただ、問題なのは、家族が買主で現金購入でなく住宅ローンを組む場合は難しい問題があります。 ほとんどの金融機関は断ります。

なぜなら、金融機関と住宅ローンの支払を保証する保証会社の契約書には「貸付対象物件の売主が申し込み本人の配偶者、親、子のいずれかである場合、保証の対象とならない」という項目が入っているからです。

それでは、なぜ夫婦間や親子間ではローンが通らないでしょうか?

次のような理由が考えられます。

1.夫婦間・親子間で名義を移す原因は、贈与や相続が一般的だ、売買は不自然だ。

2. 贈与税逃れで売買としているのではないか?また売買価格が適正かどうか疑わしい。

3.売買が架空で、実際に融資されたお金は借金返済等、他の支払に使われるのではないか?

4.原則として自己の居住のための住宅取得に限られるので、同居しない「親」のための住宅取得では困難。

5.住宅ローンの場合、原則として自己の居住のための住宅取得に限られるので、同居しない「親または子」の住宅取得は難しい。

以上のように、原則として夫婦間、親子間の売買では、住宅ローンの利用が難しいようですが、金融機関によっては、色々の条件が具備されれば、住宅ローンを利用できる場合もあるようです。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-181-142

営業時間:月〜金 9:00〜18:00

(予約により時間外、土曜日も面談可能)

業務エリア

埼玉県】朝霞市・志木市・和光市・新座市・富士見市・川越市・ふじみ野市・
さいたま市・川口市・所沢市 ※その他 埼玉県全域

東京都】渋谷区・新宿区・世田谷区・目黒区・世田谷区・練馬区・板橋区・豊島区・杉並区・豊島区・文京区・中野区
※その他東京23区:清瀬市・三鷹市・調布市
※その他東京都下:栃木県、茨城県、群馬県、千葉県、神奈川県、静岡県

その他の地域はご相談下さい。 依頼者地域別一覧表はこちら

代表司法書士の挨拶

代表:認定司法書士 萩原博
 埼玉司法書士会会員
   第1624号

代表司法書士の挨拶

お問合せ・ご相談

お問合せ・相談専用ダイヤル

0120-181-142

営業時間:
月〜金 9:00〜18:00
(時間外、土曜日は要予約)

お問合せ・ご相談フォーム

事務所概要

司法書士法人 萩原事務所

0120-181-142

営業時間:
月〜金 9:00〜18:00
(予約により時間外、土曜日も面談可能)

事務所案内・代表者紹介

スタッフ紹介はこちら

事務所

〒351‐0114 埼玉県
和光市本町5-6 柳瀬ビル2階

048-451-5731

048-451-5732