過払い金の返還請求や債務整理のことなら東京渋谷・埼玉和光の司法書士法人「萩原事務所」へご相談下さい。(アクセス:渋谷駅3分、和光市駅1分)

 過払い金     利息込満額回収が方針です
 債務整理    親身になって対応致します                  


 

司法書士法人 萩原 事務所
事務所
:  〒351‐0114 埼玉県和光市本町5-6 柳瀬ビル2階
渋谷出張相談室
〒150‐0002 東京都渋谷区渋谷3-6-2 エクラート渋谷ビル4階
 

<事 務 所>TEL:048‐451‐5731
FAX:048‐451‐5732


 

お問合せ・ご相談はお気軽に

0120-181-142

営業時間:月〜金 9:00〜18:00
(予約により時間外、土曜日も面談可能)

司法書士による自己破産

自己破産とは

自己破産とは、返しきれない程の借金を背負い自分の全財産を投げ出しても全債務の返済が不可能になってしまった場合、自分自身で裁判所に申し立てて支払不能の宣告(破産手続開始決定)をしてもらう手続です。


自己破産は究極的な債務整理方法です

他の債務整理(任意整理、個人再生、特定調停)は債務を減額して支払っていく再建型手続に対して自己破産は清算型の手続でありゼロからの出発です。

したがって経済的再生が早いと言えます。
デメリットもほとんどありません。あなたの気持ちの持ち方です。
「自分は自己破産者だ」と卑屈にならず「法律がゼロからの出発を認めてくれた!さあ頑張るぞ」と前向きに考えることです。


免責とは

破産開始決定を受けただけでは借金は帳消しになりません。
破産開始決定を受けた後、破産者に一定額を超える財産財産がある場合は債権者に平等に配当して破産手続は終了します。

配当する財産が無い場合は、破産開始決定と同時に終了します。
これを同時廃止と言っています。個人が破産する場合は、ほとんどこの同時廃止です。そして残った借金をどうするか裁判所が判断して問題(免責不許可事由)がない場合は債務の支払を免除する決定を出します。これを免責許可決定と言います。
そして、この免責決定が確定すれば借金は帳消しになります。


自己破産のうそ・ほんと

自己破産に関しては誤った情報などで誤解している人がたくさんいます。
以下は解説以外すべて誤った情報です。

自己破産したら賃借中のアパート、マンションから退去しなければいけない

【うそ】

家賃の不払い等契約違反がない限り退去する必要はありません。

自己破産したら会社を辞めなければならない【うそ】

辞める必要はありません。但し、弁護士、税理士、保険の外交員、警備員等資格制限がある人は、免責許可決定を得るまで資格が制限されます。

自己破産すると選挙権がなくなる【うそ】

破産をしても選挙権や被選挙権などの公民権はなくなりません。

自己破産すると住民票や戸籍に記載される【うそ】

そんなことはありません。

自己破産すると離婚しない限り配偶者が弁済の責任を負う【うそ】 

いくら夫婦でも、保証人になっていない限り責任を負うことはありません。
親子、兄弟の場合も同様です。

自己破産すると子供の進学や就職に影響する【うそ】 

そんなことはありません。

自己破産すると引越しができなくなる【うそ】 

破産手続中は裁判所の許可が必要な場合がありますが手続終了後は自由にできます。

ギャンブル等免責不許可事由があると絶対免責されない【うそ】 

少しぐらいのギャンブルや免責不許可事由に至った原因等を考慮して、裁判官の裁量で免責される場合が多いです。

自己破産すると家財道具が差し押さえられてしまう【うそ】

高価品物は換価して各債権者に配当するのが原則ですが、家具、洋服 電化製品等、生活に最低限必要な家財道具は取り上げられることはありません。

自己破産すると給与をもらっても自由に使えない【うそ】

破産法の改正で99万円までの現金を所持することは認められます。 また、破産手続開始決定後取得した収入は原則として破産者のものです。

破産すると会社や家族に知られる【うそ】

保証人になっていない限り会社や家族には債権者や裁判所からは連絡はいきません。

免責が確定すると、すべての借金の支払義務がなくなる【うそ】

そんなことはありません。以下の借金の支払義務はなくなりません。
1 租税等の請求権
2 破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
3 破産者が故意または重過失により加えた人の生命または身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権
4 破産者が養育者または扶養義務者として負担すべき費用に関する請求権
5 雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金返還請求権
6 破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権
7 罰金等の請求権

自己破産のメリット・デメリットはこちら

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-181-142

営業時間:月〜金 9:00〜18:00

(予約により時間外、土曜日も面談可能)

業務エリア

埼玉県】朝霞市・志木市・和光市・新座市・富士見市・川越市・ふじみ野市・
さいたま市・川口市・所沢市 ※その他 埼玉県全域

東京都】渋谷区・新宿区・世田谷区・目黒区・世田谷区・練馬区・板橋区・豊島区・杉並区・豊島区・文京区・中野区
※その他東京23区:清瀬市・三鷹市・調布市
※その他東京都下:栃木県、茨城県、群馬県、千葉県、神奈川県、静岡県

その他の地域はご相談下さい。 依頼者地域別一覧表はこちら

代表司法書士の挨拶

代表:認定司法書士 萩原博
 埼玉司法書士会会員
   第1624号

代表司法書士の挨拶

お問合せ・ご相談

お問合せ・相談専用ダイヤル

0120-181-142

営業時間:
月〜金 9:00〜18:00
(時間外、土曜日は要予約)

お問合せ・ご相談フォーム

事務所概要

司法書士法人 萩原事務所

0120-181-142

営業時間:
月〜金 9:00〜18:00
(予約により時間外、土曜日も面談可能)

事務所案内・代表者紹介

スタッフ紹介はこちら

事務所

〒351‐0114 埼玉県
和光市本町5-6 柳瀬ビル2階

048-451-5731

048-451-5732